利用テクをチェック|アウトバウンドの強化【ダイレクトメール発送の利便性に迫る】

発送代行業者が受け付けるサービスを要チェック

大なり小なりの量を特定ターゲットに配送するダイレクトメールでも、自社内で1から準備するのは手間がかかります。そこで、頼りになるのが代行業者のサービスです。代行業者を利用する際に把握すべきことは何なのか以下を参照にして紐解いてみましょう。

利用テクをチェック

男性

業者へのダイレクトメール発送の流れ

一般的にダイレクトメールは、業者へのお問い合わせと見積書作成依頼、データ入稿、印刷作業を経てターゲット先へ発送します。この流れは、あくまで一例なので業者ごとにどこかしらの手順や間で設けられているサービス内容が異なります。利用候補に挙げている業者それぞれの流れの把握も重要です。

種類毎のメリットを把握

まずは、ダイレクトメールの形態に関する特徴を紐解きましょう。一般的に見かけるはがき型でも普通のものは勿論、二つ折り三つ折りタイプ、封筒タイプがあり価格帯から記載できる情報量もそれぞれ異なります。はがきや封筒で共通しているのが、宣伝用郵便物専用のカバーがつけられている場合、枚数に応じて割引サービスが適応されるのでお得に発送できます。

費用を安くする方法

ダイレクトメール発送の費用を節約するには、業者の料金相場や割引サービスの有無をチェックするのも有効です。その他だと、特定の運営店舗を有していない業者、ワンストップで引き受けてくれる業者など、経営形態について調べておけば、費用節約につながります。

反響率を高める方法

ダイレクトメールの反響率を高めるには、宛名書きでターゲット先の住所や宛名で部署名で終わらせず、人物名までしっかり明記してください。人物名まで明記すれば、受付や担当者とは関係ない人物にメールを捨てられる可能性が低くなります。

メールデザインの質をアップさせる

ダイレクトメール発送代行業者の中には、メールデザインを1から作成あるいは既存デザインをワンランクアップしてくれるサービスを受け付けるところもあります。在籍しているプロのデザイナーが要望に沿って高品質なダイレクトメールに仕上げてくれます。メールのデザインをリニューアルしたい、反響率をアップさせたい場合に、代行業者にデザイン関連の相談をするのも有効です。

広告募集中