文章テクは重要な要素|アウトバウンドの強化【ダイレクトメール発送の利便性に迫る】

文章テク次第で反響率アップ!

発送ターゲットが定まっている分、ダイレクトメールの反応を得るために文章テクニックが重要視されます。興味を惹く文章作成はどのような手法があるのでしょうか。下記では、魅力あふれる文章作成テクについてまとめています。自社での作成は勿論、業者探しの良いヒントとなります。

文章テクは重要な要素

ミニチュア

ターゲットの心を掴むのは件名とリード文

まず件名とリード文は、本文まで読んでくれるかを左右する重要な箇所。自社商品やサービスはいかに「お得である」か「どんなメリットがあるのか」と言う好奇心を掻き立てる内容であるのを前提にして書きましょう。プレゼンの手法なら、「SDS法」「PREP法」のどっちかに沿っていれば本文まで目を通す確率が高まります。

情報量と具体性がメール文章へと引き込む

興味を惹く件名とリード文を作っても、本文で魅力が伝わらないと意味がありません。メール本文はターゲット層を意識するのを前提とし、商品やサービスの情報量が多くても具体的に記載しましょう。また、本文では利用メリットだけに絞らず、デメリットも含めバランスよく記載すると安心感を与えられます。

レスポンスupには心理テクを活用!

ダイレクトメールで商品やサービスで良い反応を得たいなら、発送先の人が特別であることを抱かせるのが重要。例えば、発送先の人の悩みを予測して、それに関する文章を掲載すれば共感を得られやすいです。「イエスセット話術」「ザイガルニック効果」「カリギュラ効果」「暗黙の前提」などの心理テクや話し方テクを用いれば注目度が高まりやすいですよ。

文章の力量をチェックすべし!

文章の力量次第で、レスポンス率が変動するので、ダイレクトメールは書き手が重要です。確かな販促効果を得るには、文章作成技術がものを言います。ちなみに、これらは発送代行業者探しでも役立つ知識で、文章を含め1からダイレクトメールを作ってもらいたいなら、上記のテクニックを利用しているか見極めるのをおすすめします。

広告募集中