スマートにリスト活用|アウトバウンドの強化【ダイレクトメール発送の利便性に迫る】

スマートにリスト活用

パソコン

スマートに発送先を発見!

DMリストの取扱業者の中には、リスト掲載データ形式を自由に選べるサービスを行なっているところもあります。Excel形式からテレアポ用の一覧形式、シール形式など会社にとって利用しやすいと思えるものを好きに選べるのです。的確な情報絞り込みで、必要な情報だけを表示できるのはありがたいものです。

新しい顧客発見が期待できる

業者が扱っているDMリストは、常に新しい情報が更新されるので、新しい顧客への対応も早くできます。最新リストからなら、企業や個人のプロフィール・エリア・ジャンルを取りこぼさずに済むので、アプローチを失敗しにくいです。

無料で利用できるリストもある

株式・有限・合資・合名・合同会社には、マイナンバーのようにそれぞれに法人ナンバーと呼ばれる13ケタの番号が設けられています。しかも、マイナンバーと違い法人番号は公開可能で、いつでも自由に検索ができるところです。法人番号なら、DMリスト作成で大いに役立てられるでしょう。

設定に難儀する

DMリストは、会社や一個人名の住所や連絡先だけでなく、都道府県ナンバー、法人番号指定年月日など、細かなデータがびっしりと記載されています。ダウンロード後は、設定を組み替えるのも有効ですが、使いやすくする見出しファイルを特定のサイトからダウンロードするのも有効です。

ピッタリのリスト取扱業者を探すポイント

DMリストであっても、業種によってはデータ件数が少ないものもあります。もし、ニッチな業種にダイレクトメールなどでアプローチをしたいなら、それに見合った情報量を有している業者探しから始めるべきです。業者によって、取扱業種情報の量が異なるので、最初の見極めが肝心です。

設定方法把握は業務のスマート化を促進させる

DMリストを有効活用するには、普通に閲覧するのではなく、利用しやすいよう設定を組み替えるのが重要。スマートに必要な顧客情報を洗い出すために、シートごとに見合った設定方法を把握しておいた方が良いです。

利用者に直撃!DMリストの有効性

リストのおかげで低コスト化が実現できた!

今まで、不着率が高くてダイレクトメールの費用が馬鹿になりませんでしたが、DMリストを取り入れたおかげで、不着率が徐々に低下してくれました。リストを開いたら常に最新情報が表示されるので、費用を無駄に捻出せずに済んでいます。

クリーニングは利用すべき!

DMリスト取扱業者が行なっているクリーニングは、積極的に利用した方が良いです。有効なデータだけをそのまま残してくれるので、だいぶダイレクトメール発送費用が節約出来ました。しかも、ダイレクトメール発送の度にクリーニングを行なってくれるサービスも行なっているので、リスト整理の手間が省けて助かっています。

広告募集中